お茶会でストレートさん似合わせ

2月からスタートした骨格スタイル分析のモニターお茶会、本日も楽しく行ないました!

骨格タイプ3タイプのうちのどちらに当てはまるか、触診、ジャケットの着比べ、重心バランスの確認などをし、分析を行ない、分析の後はタンスの肥やし、買ったけど着ない服の着こなしを工夫して再生する似合わせを行なっています。

今日お越しいただいた薬膳茶販売を準備中の浅井一実さんはパステルブルーで凹凸の模様がある生地のジャケットとスカートをお持ちになりました。

上質な素材を使ったステキなスーツなのですが、一実さんは着太りして見える気がして、タンスの肥やしになっていたそうです。

 

なぜ、着太りして見えるか、

ジャストサイズが似合うストレートさんの一実さんにはジャケットが大きすぎ、袖丈、着丈も長すぎる印象。

大きめなフレアスカートも横に広がって見え、着太りして見えます。

 

一通り改善できそうな点をチェックし、似合わせをスタート!

 

似合うデザインに寄せるにはサイズ感を調整していきます…

 

まず、首元のボタン、上2つを開け、首元にV字のラインをプラスすることで、全部ボタンをしたときの首元が詰まった感じが解消します。

続いて、ジャケットを腰骨の上あたりの長さまで、短くし、袖丈も手首が隠れる長さまで短くします。

フレアスカートの横の広がりをとって、タイトなシルエットに近づけ、爪先がとがった、ポインテッドトゥのパンプスを合わせます。

⇓サイズ感を変えて撮った写真がこちら

似合わせ前に比べ、スタイルアップして見えませんか?

似合わせにご興味がある方は目白台のかわいいサロンのお茶会に是非ご参加ください(^^)

⇓お茶会の開催予定はこちらへ⇓

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

UA-118281936-1